占いを信じるのも信じないのも貴方次第 ○1

「占い」を信じるのは女性の方が断トツに多いです。朝の報道番組でも占いやってます。運勢が良くなかったら信じない方でもなんとなく気になりますし、ラッキーアイテムをついつい気にしてしまうものです。占いの定義は、様々な方法で人の心の内や運勢や未来など、直接観察する事の出来ないものについて判断する事やその方法の事を指します。別名卜占や占卜とも言います。鑑定する人を占い師、鑑定士、卜者などと呼び名は様々で易者、手相家とも言います。お客からは「先生」と呼ばれることが多く、必ずしも当たらなくても通用する面もあることから、裏(外れ)が無いという意味で軽蔑の意味を込め「占い士」と書く場合もあります。大きく種類を分けると命(めい)・卜(ぼく)・相(そう)の3種類に分かれ、占う者は目的に応じて使い分け、組み合わせる。また、医、山を加えると五術とも言われる。五術や命・卜・相は中国では一般的な言い方で、1967年頃台湾人が日本に伝えたのが最初と言われる。

名刺 用紙

私書箱

蜂駆除

中野 賃貸

芸能人